img_02

化粧品で素敵な自分に

ファンデーションは肌のしみやそばかすを隠し、チークは血色を良く見せ顔色を明るく見せます。

アイシャドウやアイライナー、マスカラは目を大きく見せます。このように、顔に色をのせて美しく見せることが目的の化粧品は、素顔をキャンパスに見立てた場合の絵の具のようなものです。
化粧品を使う、使わないという差は女性にとってとても大きいものです。化粧をするだけで、自分に自信が持てたり気持ちが明るくなったりと、プラスの効果ばかりです。


最近の化粧品は、基本的なアイテムだけではありません。

また、基本的なアイテムであっても、その種類はとてもたくさんあります。

たとえば、目の下の涙袋を作る化粧品なるものがあります。

確かに、涙袋がぷっくり強調されている女性は愛らしい眼差しで魅力があります。

かつては、涙袋にスポットライトを当てる発想はあまりありませんでした。

また、マスカラひとつをとっても、まるでつけまつげをつけたかのように、長くて濃いまつげにできます。

このように、可愛い自分、理想的な自分に近づける手段となり得る優れた化粧品が、比較的安価で、さらに身近なお店で買えるのです。

整形手術をしなくても、本来の顔のままで、顔を整えることができるとあらば、女性にとっては聞き流すことはできません。

しかし、やり過ぎた化粧は考えものです。

ldlコレステロールのココだけの話をしましょう。

まれに驚くべき変化を見せる人がいます。



化粧はバランスが大切です。
目だけをお人形さんのように極端に目立たせたり、メガネのレンズに当たるほどの長いまつげは、周囲の人にどのように思われるでしょうか。



自分の魅力を半減しないよう、上手な化粧をしたいものです。